【終わりの始まり】1920年以来、日本の総人口初のマイナスを記録

総務省が発表した2015年10月実施の国勢調査の確定値によると、外国人を含む日本の総人口は1億2709万4745人と、10年の前回調査に比べ0.8%(96万2607人)減少した。国勢調査で総人口が減少したのは1920年の調査開始以来初めて。出生数が死亡数を下回る自然減が大きく影響した。 続きはこちら http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161...

関連性のある記事

サブコンテンツ