過労死者の量産装置と化してる日本のトラック運送事業wwwww

2015年度に厚生労働省が支給決定した脳・心臓疾患による労災件数は計251件だが、業種別ではその3割に当たる79件がトラック運転者に対するもので、業種別、職種別に見てもダントツに多い。トラック運送事業の年間総実労働時間は、全産業平均の2026時間を大きく上回る2443時間におよぶ。 続きはこちら http://response.jp/article/2016/10/17/283...

関連性のある記事

サブコンテンツ