日本の外国人労働者が100万人←1年で19%増ってヤバくね?

厚生労働省は、2016年10月末時点の外国人労働者数が初めて100万人を突破し、108万3769人になったと発表した。前年比で19.4%増加し、企業から国への雇用届け出が義務化されて集計を始めた08年以来で過去最多となった。国籍別では、最多は中国の34万4658人。ベトナムが17万2018人、フィリピンが12万7518人と続いた。国内の人手不足や政府の積極的な受け入れ拡大を反映した。...

関連性のある記事

サブコンテンツ