ノーベル賞・中村修二「日本人は失敗に非寛容的。失敗してはいけないという意識が強いと人はチャレンジしなくなる」

日本は失敗に非寛容的です。板東社長は潰れそうだった子会社を任され、グループ屈指の企業に育てた人だから分かってもらえると思いますが、「失敗してはいけない」という意識が強いと、人はチャレンジしなくなりますよね。シリコンバレーでも、ベンチャーの成功率なんて1割程度、9割は失敗に終わって当然なのです。でも、アメリカの場合、会社がうまくいかなくてもお金が入ってくるんですよ。 続きはこちら...

関連性のある記事

サブコンテンツ