【エリート人生のはずが・・】高学歴56歳男性が「孤独な貧困」に陥った顛末

1: 稼げる名無しさん 2017/05/31(水) 06:54:12.86 現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、 つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。今回は双極性障害があり、生活保護を受給して生活するケンさん(56歳)...

関連性のある記事

サブコンテンツ