【悲報】ふるさと納税が人気過ぎて、住民税の減収1,766億円←前年比の1.8倍

ふるさと納税制度による2017年度の個人住民税の控除(減収)額は1766億6397万円で、前年度比1・8倍だったと発表した。ふるさと納税は、出身地など応援したい自治体に寄付すると、居住する自治体の個人住民税などが控除される仕組み。都市部で減収が大きく、都道府県別では東京の466億2052万円が最も多く、神奈川、大阪と続いた。地方へ集まる寄付で本来入るはずの税収が減る都市部からは反発も出...

関連性のある記事

サブコンテンツ