【バブル崩壊】ふるさと納税、お得感が減って寄付失速している模様→

ふるさと納税が転機を迎えている。総務省が獲得に走る自治体に待ったをかけ、一時の過熱感は一服。高額返礼品で話題を呼んだ自治体の実入りは減り始めている。今後は見返りよりも、地域のためになるお金の使い方をアピールできるかがカギになる。そんな当たり前の教訓を自治体は生かせるか。 続きはこちら http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF10H1O_W7A...

関連性のある記事

サブコンテンツ