パナマ文書で判明された「脱税の合計金額」がこちらです→

世界の富裕層によるタックスヘイブン(租税回避地)の利用実態などを明らかにした「パナマ文書」に名前があった日本関連の個人や法人について、今年6月までに所得税など総額31億円の申告漏れがあったことがわかった。この中には、携帯電話・OA機器販売会社「光通信」(東京)の重田康光会長(52)が、パナマ文書に記載された英領バージン諸島の法人の株式譲渡をめぐって約3億7千万円の申告漏れを指摘された事...

関連性のある記事

サブコンテンツ