2010年・楽天「社内公用語を英語にします」7年経った現在の楽天がこちら→

「公用語化の大きな利点は、海外から優秀な人材が集まるようになったこと。社員にとっては、英語を身につけることでキャリアの可能性が広がったことです。海外赴任や海外研修の機会は全社員が対象。私も1年弱、アメリカ勤務を経験しました」 続きはこちら http://diamond.jp/articles/-/149089 2. 継続は力なり 7. 会社は変われるよ 現...

関連性のある記事

サブコンテンツ