今年もボージョレ・ヌーボー解禁、ピーク時よりも輸入量が半減した理由→

フランス産ワインの新酒、ボージョレ・ヌーボーが解禁になった。今年もまた、解禁を待ちわびた愛好家たちが、各地で祝杯をあげた。でも輸入量は、年々減っている。なぜだろうか。 ワインの販売量は、2015年まで4年連続で最高を更新しており、「ワインブーム」といえる。だがフランス食品振興会によると、ボージョレ・ヌーボーの16年の輸入量はピークだった04年から半減し、17年も減少する見込みだ。 ...

関連性のある記事

サブコンテンツ