ソフトバンク・ロボティクス事業推進部「AIが脅かすのは。単純労働でなく医者・弁護士といった知的労働」

コンピュータが人間の能力を超える――「シンギュラリティ」(技術的特異点)が2045年に訪れるといわれている。そんな中、ソフトバンクロボティクス事業推進部の吉田健一本部長は、同社のロボットカンファレンス「SoftBank Robot World 2017」(11月21~22日)の基調講演で、「シンギュラリティは単純労働に影響をもたらすと思われているがそれは誤解だ」と述べた。 続きはこちら http...

関連性のある記事

サブコンテンツ