フランス人「日曜日も働くなんて、社会的な後退だろw」

フランスではこれまで原則として日曜日に営業することができなかった。日曜日を安息日とするキリスト教の伝統に則り、法律で規制してきたからだ。しかし、2年前にパリやニースなどの観光地で小売店の日曜営業が解禁になった。レンヌ地域評議会の議長は、「たとえ労働者に利益があったとしても、結局はビジネスの競争原理の犠牲者になってしまう」と話す。レンヌの住民も、「日曜日に店を開けてもっと働くようにするな...

関連性のある記事

サブコンテンツ