三井住友海上「来年度から事務の9割をAIに代替えするわ。手があいた職員は…」

損害保険大手の三井住友海上火災保険は2018年度から、営業部門の職員が手掛ける事務作業のうち9割を人工知能(AI)などで代替する。保険の契約にかかわる手続きや情報照会の対応などを自動にし、全社ベースで見た業務量を2割減らす。手があいた職員は営業支援などの担当に回す。新しい技術を人材の最適な配置につなげ、収益力を向上する。 続きはこちら https://www.nikkei.co...

関連性のある記事

サブコンテンツ