2018年の日本経済「今年こそ景気回復して、トリクルダウンで賃金の上昇も実感できる…はず」

ニッセイ基礎研究所の櫨浩一専務理事は、ことしの日本経済について「輸出が引っ張る形で1%程度の緩やかな成長が続く」という見通しを示しています。ただ景気の回復を実感できないという声が多いことについては「ここ10年くらい物価の上昇分を除くと賃金はほとんど伸びていない。そういう中で消費税率が引き上げられたり社会保険料が上がって収入が増えたという実感がないためだ」と指摘しました。 続きはこ...

関連性のある記事

サブコンテンツ