【悲報】12月の消費者心理、4カ月ぶり悪化 ← 野菜などの値上がりが原因の模様

内閣府が9日発表した2017年12月の消費動向調査によると、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整値)は前月から0.2ポイント低下し44.7となった。前月を下回ったのは4カ月ぶり。野菜やガソリンなどの身近なモノの価格が上がり、消費者心理の悪化につながった。 続きはこちら https://www.nikkei.com/article/DGXMZO254557600...

関連性のある記事

サブコンテンツ