【生活保護】低所得化に合わせて生活扶助の基準を低下 ← これって仕方ないよな?

生活保護の8種類の扶助のうち、主たる生活費である生活扶助の基準の見直しを厚生労働省が昨年12月に決めました。2018年10月から20年10月にかけ、3段階に分けて実施されます。見直しの影響は、世帯の人数、年齢構成、居住地域によって異なり、今より基準額が増える世帯もありますが、減る世帯のほうがはるかに多く、最大では5%下がります。なぜ、そうしたのか。簡単に言うと、低所得層(消費支出が最下...

関連性のある記事

サブコンテンツ