「古本屋に売る」は悪なの?「著者のためには、捨てるべき」説で論争激化wwwww

古本屋で書籍を購入しても、作者に印税などの収入が入らない――この問題は、以前から議論されてきた。特にブックオフなどのいわゆる「新古書店」が台頭した2000年代からは明確に「脅威」と認識され、著作者団体などが新古書店での取り扱い中止を求める声明を出したり、使用料の支払いなどが議論されたりしたこともあったが、20年近くが経った今も明確なルールは整っていない。こうした背景もあり、ネット上では...

関連性のある記事

サブコンテンツ