金融アナリスト「株価崩壊は当然。アメリカの好景気はフェイクだったんだよ」

米株価は2009年に底を打ってから、ボラリティー(価格変動率)もほとんどなく安定して上昇を続けてきたが、2月に入って急落した。1月に付けた最高値から、ダウ工業株30種平均は2200ポイント以上も下落(-8.5%)、スタンダード&プアーズ(S&P)500社株価指数も7.9%下落した。 - 中略 - 金融アナアリストや専門家は、暴落の要因を主に3つ挙げた。 ・米税制改革であらゆる...

関連性のある記事

サブコンテンツ