Jリーグが引退した選手への「功労金制度」を新設 → 「500試合以上が300万円、300試合以上が100万円」

Jリーグは27日に開いた理事会で、引退した選手の試合出場実績に対して功労金を支払う「功労金制度」を新設することを決定した。 J1リーグ、J2リーグ、J3リーグ、リーグカップ及びそのほかのJリーグ公式戦に換算後出場試合数300試合以上の基準を満たし、Jリーグおよび日本サッカーの発展のために貢献をしたと認められる選手が対象。続きはこちら 36. >>1500試合も出られるような...

関連性のある記事

サブコンテンツ