首都圏で「タワマン暴落の兆候」キタ━(゚∀゚)━!!← いつ手放すのが正しいんだ?

ここへきて、都心部のマンションの一部で公募価格と成約価格の乖離幅が広がってきています。不動産相場が勢いよく上昇してきたここ数年は、強気の公募価格を出してもほぼ同価格で成約できていたのが、最近になってその『差』が徐々に広がっているのです。物件価格がすでにピークを越えて下降局面に入った可能性があり、専門家のあいだでは、いまが日本で最後の「土地バブル」というのが多数意見なのである。 続きはこちら...

関連性のある記事

サブコンテンツ