【悲報】滋賀医科大・教授「安い食事で炭水化物に偏るのでは」 年収の少ない女性ほど肥満リスク大なことが発覚する→

世帯年収が少ない女性ほど肥満リスクが高い傾向にあることが、全国約2900人のデータ分析で分かったと、滋賀医科大の三浦克之教授(公衆衛生学)らのチームが5日、発表した。チームは「安価なもので腹を満たそうとすると炭水化物に偏るのでは」と推測。女性の場合は、年収や教育の差が食事の傾向などに影響し、肥満につながるとみている。 続きはこちら http://www.sankei.com/smp/lif...

関連性のある記事

サブコンテンツ