【悲報】目に見えぬ「少子高齢化」の危機に無策な平成時代、年金・医療で巨額の借金だけが残る日本とかいう国

バブル経済の絶頂を始点とする平成時代。改革という言葉がこれほど声高に叫ばれたときも少なかろう。昭和の時代に前提とした経済成長と人口増は逆回転を始め、社会保障と消費税の改革は行きつ戻りつした。残ったのは目もくらむ巨額の借金である。 続きはこちら https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29094500W8A400C1000000/ 116....

関連性のある記事

サブコンテンツ