FIFA「日本のソフトバンクなど投資家グループに2兆6800億円を投資してもらい新たな大会を創設する計画がある」

英紙フィナンシャル・タイムズは12日、日本のソフトバンクを含む投資家グループが国際サッカー連盟(FIFA)に250億ドル(約2兆6800億円)を投資し、新たな大会を創設する計画があると報じた。グループには中国、サウジアラビア、米国などの投資家も含まれる。 続きはこちら https://www.sankei.com/sports/news/180412/spo1804120045...

関連性のある記事

サブコンテンツ