【悲報】ヤマダ電機が最終減益 → 在庫圧縮で採算悪化、前期16%減

ヤマダ電機の業績が苦戦している。13日、2018年3月期の連結業績は、最終的なもうけを示す純利益が前の期に比べ16%減の290億円になったと発表した。家電製品の在庫圧縮で採算が悪化した。仕入れ減少で大量購入によるスケールメリットが薄れ、仕入れ価格も上昇した。 続きはこちら https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29368720T10C18A4...

関連性のある記事

サブコンテンツ