首都圏のマンション、2017年度の平均価格「5,921万円」バブル期以来の高水準キタ━(゚∀゚)━!!

不動産経済研究所は16日、2017年度に発売された首都圏(1都3県)のマンションの1戸当たりの平均価格は5921万円で前年度比6・9%値上がりしたと発表した。2年ぶりの上昇で、バブル期の1990年度(6214万円)以来の高水準となった。 続きはこちら https://www.sankei.com/economy/news/180416/ecn1804160012-n1.html...

関連性のある記事

サブコンテンツ