社会学者・古市憲寿「歴史を振り返れば、機械が仕事を奪うという議論の単純さがわかる」

当たり前の話だが、適材適所ということなのだろう。人間に向いている仕事もあれば、そうでない仕事もある。自動運転に関しても、日本の狭い路地を縦横無尽に機械で走らせるのは難しいだろうが、まっすぐな道が続く高速道路は技術的ハードルが低い。 しかし、自動運転の長距離トラックや高速バスが実現するにはまだ時間がかかりそうだ。なぜなら、技術的に可能であることと、社会がそれを受け入れるまでには時間差があるから...

関連性のある記事

サブコンテンツ