【画像】介護の人手不足、2035年には15年の約20倍 → 79万人に達することが判明する

介護に携わる人材の不足が、2035年に15年の約20倍の79万人に達することが7日、分かった。高齢化の進展に加え、政府が目指す介護離職解消の過程でサービスの需要が急増するため。人材不足解消に向け、高齢者の社会参加を促して要介護とならないための予防や、介護分野に就労しやすい環境整備が急務となる。 続きはこちら https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180508/m...

関連性のある記事

サブコンテンツ