2017年の「スマホ販売台数」伸びがわずか1.3% ← なぜスマホは売れなくなったのか?

スマートフォンの売れ行きが大きく鈍化するという傾向は、この1年間で、改めて世界的な現象として確認されました。そうした中で、スマートフォン業界も販売戦略の変更を余儀なくされています。 世界的に売り上げペースが鈍化 調査企業Strategy Analyticsによると、2017年に販売されたスマートフォンは初めて15億台の大台を突破しました。しかし、2016年からはわずか1.3%の伸びに過ぎず...

関連性のある記事

サブコンテンツ