【画像】エコノミストの半数近くが「2年以内で限界」→ 日銀の長短金利操作は「逆に副作用を強めることになっている」

日本銀行が行っている長短金利操作について、現行の金利水準では2年以内に限界が来るとの見方がエコノミストの半数近くに達した。 ブルームバーグが4-6日にエコノミスト45人を対象に調査した。副作用の累積や技術的な限界を考慮した上で、長期金利0%、短期金利マイナス0.1%の金利操作がいつまで持続可能か聞いたところ、1年が8人(18%)、2年が12人(27%)、3年が13人(29%)だった。 ■長短金...

関連性のある記事

サブコンテンツ