【悲報】地銀、最終益1兆円割れの厳しい経営 ← 未だに使ってるヤツとかおるの?

全国地方銀行協会、金融庁などが13日までにまとめた全国の地銀106行の2018年3月期決算概要によると、単体ベースの最終損益の合計は前期比0.4%減の9965億円の黒字だった。日銀のマイナス金利政策による貸出金利ざやの低下や債券運用部門の不振が響き、2年連続の減少となった。黒字が1兆円を割り込むのは5年ぶり。 3月期末の貸出金残高は前期末より増え、260兆円を超えた。増加したのは住宅ローンを...

関連性のある記事

サブコンテンツ