ゴールドマン・サックス証券・アナリスト「最高益トヨタの車は、アメリカで売れなくなる」

トヨタ自動車の2018年3月期決算は、純利益が2兆4939億円で、過去最高を更新。10年のリコール問題や東日本大震災などの苦境を乗り越え、V字回復基調にあるように思える。だが、豊田章男社長は決算発表にて、今後についての厳しい見通しを繰り返し強調した。 私も見通しは決して明るくないと考える。今回の数字達成は、円安の追い風も非常に大きかったからだ。 トヨタの自動車販売台数はここ3~4年ほぼ横ばいで...

関連性のある記事

サブコンテンツ