【画像】経営難だったシャープが6年ぶりに「国内2位」を奪還できたワケ→

一時は深刻な経営危機に陥っていたシャープですが、2017年度は日本国内においてスマートフォンの出荷台数が、Appleに次ぐ多さにまで回復しています。 6年ぶりに2位を奪還 リサーチ企業MM総研が発表したデータによると、2017年度のスマートフォン出荷台数シェアは、1位がApple(49.9%)、2位がシャープ(12.6%)、3位がソニー(12.5%)、4位がSamsung、5位が富士通となりまし...

関連性のある記事

サブコンテンツ