ロシアW杯の主要スポンサーは中国が最多、日本はゼロ ← なんでこんなにも差があるの?

盛りあがりをみせるサッカーW杯ロシア大会。その熱狂は試合だけではない。国際サッカー連盟(FIFA)の主要スポンサー12社のうち、中国企業は過去最多の4社を占めている。投入する広告費は約900億円で、米国企業の2倍、ロシア企業の13倍に達するという。一方、日本企業の名前はひとつもない。なぜここまで差がついてしまったのか――。 ■W杯の主要スポンサーに日本企業は1社もない サッカー・ワールドカ...

関連性のある記事

サブコンテンツ