JR東日本「2019年度中にもSuicaのクラウド化をする」← 利用者にどんなメリットがあるの?

“Suicaのクラウド化”、利用者にどんなメリットが? JR東日本は2019年度中にも、交通系ICカード「Suica(スイカ)」のID(識別符号)・使用履歴を管理するセンターサーバーを、オンプレミス(自社保有)からクラウドに移行する。 拡張性を高めて、ICカードを決済手段だけでなくID認証にも使い、「QRコード」など新たな改札入場方法も見据える。 発券や改札の“紙チケットレス”を加速す...

関連性のある記事

サブコンテンツ