【悲報】下げ止まらない!売りが売り呼ぶ「2階建て」上海株 ← 15年夏と同じ動き…

中国・上海株の下げが止まらない。代表的な株価指数である上海総合指数は5日、1月下旬に付けた年初来高値からの下落率が2割強に達した。対米貿易摩擦の激化による景気減速懸念が背景にあるが、財テクブームの反動という側面は見逃せない。 「売りが売りを呼ぶ悪循環に拍車がかかっている」。SMBC日興証券の肖敏捷シニアエコノミストは3日付の投資家向けリポートでこう指摘した。心配するのは証券担保ロ...

関連性のある記事

サブコンテンツ