【画像】市場のクジラ「ほぼおなかいっぱいです」→ GPIF、国内株の運用比率初めて25%超え

市場のクジラ、ほぼおなかいっぱいです――。約160兆円の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)で2017年度末、国内株の運用比率が初めて25%の目安を超えた。大食漢が日本の株価を上げる構図は終わり、これからのクジラは「ESG」を切り口に食べ物を選ぶ。運用の安定には債券も含めたバランスの良い食生活も課題だ。 GPIFは6日、17年度の運用成績を発表した。主に国内債、国内株、外...

関連性のある記事

サブコンテンツ