【西日本豪雨】日本損害保険協会「京都、広島、岡山など7府県の保険契約者を対象に保険料支払いを猶予する」

西日本で発生した大雨による広域災害を受け、日本損害保険協会は8日、災害救助法が適用される京都、広島、岡山など7府県の保険契約者を対象に火災保険などの保険料支払いを猶予すると発表した。損保各社は現地に災害対策本部を設置し、週明けから損害調査を本格化する。 保険料の支払い猶予措置は火災保険や自動車保険などの契約者を想定しており、損保各社が対応する。8日までに災害救助法の適用を決めた7府県の計71市町...

関連性のある記事

サブコンテンツ