人事院「19年4月から国家公務員には、残業上限を設ける」

人事院は国家公務員の残業を抑制するため、人事院規則を改定する。原則として年360時間、業務量の加減がしにくい部署では720時間までの残業上限を規則に明記。法的拘束力のない指針から規則に格上げする。長時間労働が横行する仕事環境を改めるよう促す。無用な国会待機など政と官のあり方の見直しにつながる可能性がある。 続きはこちら https://www.nikkei.com/articl...

関連性のある記事

サブコンテンツ