労働力人口の長期低落 → 「移民」との共生はどうすればいいのか?

地方や中小企業では労働力不足が深刻です。日本の生産年齢人口(15~64歳)は、ピークだった1995年の8726万人から、2018年には7580万人まで1割以上も減少。女性や高齢者にとどまらず、外国人の労働力にも頼らざるを得ないのが実情です。 政府はついに「外国人労働者の受け入れ拡大」へ政策をシフト。25年までに50万人超の就業を目指す方針です。6月15日に閣議決定された「経済財政...

関連性のある記事

サブコンテンツ