東芝のパソコン、シャープへ売却後も名前は「TOSHIBA」でいくwwwwwwwwwwwwwww

東芝のパソコン(PC)子会社「東芝クライアントソリューション」は10日、10月からシャープの傘下に入った後も、商品のメーカー名として「TOSHIBA(東芝)」を使うと表明した。ブランド名の「ダイナブック」は変えない方針を示していたが、消費者になじみのある「東芝のPC」も維持し、シェアの拡大につなげる考えだ。 この日、東京都内で開いた新CMの発表会で、担当者が「当面は東芝ダイナブックとしてPRした...

関連性のある記事

サブコンテンツ