厚生労働省「月45時間超の残業の場合、社員の健康を守る対策を定めることを企業に義務付ける」←えぇ…

厚生労働省は2019年春から導入する残業時間の上限規制で、原則の上限である月45時間を超えて残業させる場合、社員の健康を守る対策を定めることを企業に義務付ける。内容は限定しないが、深夜勤務の制限や、退社から出社まで一定の時間をあける制度の導入などを求める。企業が安易に、残業時間を延ばせないようにする。 続きはこちら https://www.nikkei.com/article/...

関連性のある記事

サブコンテンツ