トルコ国債、恐ろしいほど魅力的な「年16%の債券利回り」← これでもリスクの方が高いだろwwwwwwwww

6月24日の選挙で勝利したトルコのエルドアン大統領は今月9日、就任宣誓を行う。その後で投資家にとって重要になるのは、大統領が中央銀行にどれだけ独立性を与えるかだろう。展開次第では、極めて慎重ながらトルコへの投資を検討してもいいだろう。現水準ならリスクに見合った対価が得られるからだ。 トルコへの投資は勇気がなければできない。エルドアン氏が権力を固め、上昇するインフレ率の抑制に必要な独立性を中銀...

関連性のある記事

サブコンテンツ