東京電力「ゼンリンや楽天と送電線を活用したドローン物流事業を検討する」

東京電力ホールディングスは12日、ゼンリンや楽天と送電線を活用したドローンでの物流事業を検討すると発表した。東電の送配電設備に上空の気象状況を観測する装置を置き、送電線の周辺に安全なドローンの飛行ルートの「空の道」を確保する。3社は6月に送電線を活用したドローンでの配送サービスの実験に世界で初めて成功した。今後も安全性を向上させる実証実験を行い、2020年度以降の事業開始をめざす。 ...

関連性のある記事

サブコンテンツ