【画像】生協、人口減少や組合員の高齢化などで「子育て・介護対応」にシフトしている模様→

スーパーの売上高にあたる総事業規模が全国で2兆8千億円を超える地域の生活協同組合(生協)が、危機感を強めている。人口減少や組合員の高齢化に加え、配送の人手不足、ネットスーパーとの競争で劣勢を強いられているからだ。給食、介護、農業など新規事業の強化に乗り出した。 続きはこちら https://www.asahi.com/articles/ASL6P4T89L6PUWPJ00B.htm...

関連性のある記事

サブコンテンツ