米車関税に日本が反対表明「日本からの輸入は、米国の自動車産業を損なってはいない」

トランプ米政権が検討している自動車の関税引き上げを巡り、商務省は19日、国内外の企業や外国政府の代表者を招いて公聴会を開いた。在米日本大使館の相川一俊特命全権公使は「日本からの輸入は米国の自動車産業を損なってはいない」と述べ、輸入制限に反対を表明した。欧州連合(EU)など各国・地域も軒並み異論を唱えた。 続きはこちら https://r.nikkei.com/article/D...

関連性のある記事

サブコンテンツ