ソフトバンク・宮内社長「デジタル化は、中国が一番進んでいる」

ソフトバンクの宮内謙社長は20日、東京都内で講演し「中国は米国を超えるほどデジタル化が進んでいる。日本のあらゆる産業はデータを活用してビジネスを再定義すべきだ」と述べた。協業を進めている中国アリババ集団やソフトバンク自身の事例などを紹介し、「今すぐ企業はデジタル化の取り組みを進めるべきだ」と強調した。 続きはこちら https://www.nikkei.com/article/DGXMZO...

関連性のある記事

サブコンテンツ