【悲報】国民生活基礎調査、「働くママ」初の7割を超えてしまう…

働く母親の割合が初めて7割を超えたことが、厚生労働省が20日に公表した2017年の国民生活基礎調査で分かった。 調査は昨年6~7月に実施。約6万1千世帯に世帯や就業状況を、うち約9千世帯には16年の所得状況も尋ねた。18歳未満の子がいる世帯の母親は「仕事あり」が70・8%(前年比3・6ポイント増)で、統計がある04年以来初めて7割を超えた。内訳は「正規」24・7%、「非正規」37...

関連性のある記事

サブコンテンツ