トランプ大統領「中国や欧州は通貨を操作し、金利を低くしている」ドル高へのけん制、一時111円台前半に

20日のニューヨーク外国為替市場で円相場が大きく上昇し、前日と比べて1円の円高・ドル安水準である1ドル=111円45~55銭で取引を終えた。トランプ米大統領が午前、中国や欧州を名指しで「通貨を操作し、金利を低くしている」とツイッターに投稿し、ドル高へのけん制姿勢を強めたとの見方から円買い・ドル売りが膨らんだ。 続きはこちら https://r.nikkei.com/articl...

関連性のある記事

サブコンテンツ