【投資信託】家計保有額、30兆円以上も日銀がミスって誤計上!「貯蓄から投資」が進んでいると信じてきた証券業界に衝撃…

個人の代表的投資商品である「投資信託」の家計保有額が、日銀の統計作成時の誤りで30兆円以上も過大計上されていたことが判明した。近年順調に増加しているとされてきた投信保有額が、実際は減っていたことになり、「貯蓄から投資」が進んでいると信じてきた証券業界に衝撃が広がっている。 過剰計上があったのは、金融機関や家計など各部門の資産や負債の推移などを示す「資金循環統計」。同統計では年1回調査方法を見...

関連性のある記事

サブコンテンツ