日銀・黒田総裁「景気が良くなっても国民のデフレマインドが消えない。物価が上がらない。」

日本銀行が次回の金融政策決定会合で検討する金融緩和の悪影響の軽減策で、金利が一定程度上昇するのを容認する案が浮上してきた。日銀は長期金利を「ゼロ%程度」にしているが、この誘導目標は変えないまま、ある程度金利が上がっても無理に抑えないようにする。しかし物価上昇2%の目標が遠い中、緩和の後退とみられかねない政策修正にはリスクもある。 続きはこちら https://www.asahi.com/arti...

関連性のある記事

サブコンテンツ